「2021 リモート講演会(Web開催)」開催案内

北海道養液栽培研究会では、毎年冬季にフォーラム・冬季講座を開催してきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、皆様を一同に会しての開催を断念致しました。

代わりに何か情報提供は出来ないか検討した結果、関係各位のご理解とご協力の下、リモート講演会を開催する運びとなりましたので、ここにご案内申し上げます。

  • 主  催:北海道養液栽培研究会、北海道次世代施設園芸地域展開コンソーシアム
  • 日  時:令和3年2月1日(月)から2月28日(日)まで

開催概要:参加費は無料で、どなたでも視聴できます(事前登録の必要はありません)。

参加方法:北海道養液栽培研究会のホームページ(https://h-greenhouse.com/)の特設ページにアクセスしてください。視聴等にはパスワードが必要です。

北海道養液栽培研究会 事務局のメール
<アドレス> info@h-greenhouse.com へパスワードを請求してください。

資料請求:Web上の資料は印刷できません。資料をご希望の方は郵便番号、住所、氏名、所属、電話番号をFAXまたはメールでご連絡ください(締切は2月28日まで)。

<FAX>011-874-1226(北海道養液栽培研究会 事務局)
<メール> info@h-greenhouse.com

テーマ:「北海道における施設園芸の将来性」
講師・演題:

  • 『施設園芸における環境制御のポイントと今後の展開』
    農研機構 野菜生産システム研究領域長 東出忠桐氏
  • 『施設生産におけるデータ活用(収量予測技術)』
    農研機構 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット長 安 東赫 氏
  • 『イチゴにおける炭疽病、うどんこ病防除技術の開発と課題』
    茨城大学農学部附属国際フィールド農学センター教授 佐藤達雄氏
  • 『夏イチゴの環境制御と収量予測』
    農研機構 東北農業研究センター 畑作園芸研究領域長 岩崎泰永氏
  • 『「断熱送風栽培槽」を用いたイチゴ栽培での空調利用効率の向上』
    ヤンマーグリーンシステム(株) 川口哲平氏

※各講演に対する質問は所属・氏名・連絡先を記入の上、FAXまたはメールで当研究会事務局までご連絡ください。講師からの回答を事務局より返信いたします(締切は2月28日まで)。

<FAX>011-874-1226(北海道養液栽培研究会 事務局)
<メール> info@h-greenhouse.com

 

問い合わせ先:
北海道養液栽培研究会 運営委員(総務担当) 森 志郎
(酪農学園大学農食環境学群循環農学類園芸研究室 TEL 011-388-4858)

北海道次世代施設園芸地域展開コンソーシアム 事務局 千葉 貴行
(北海道農政部生産振興局農産振興課 TEL 011-204-5436  FAX 011-232-4132)